WINTER PLUSで買った早割 POWDER4 ぐんまがコスパ良いので買ってみた!

購入した早割券

もうすぐ11月ですね!

すでにイエティーがOpenしておりますが、11月は軽井沢プリンスを始め、いくつかのスキー場がやっとOpenする予定です。

シーズン到来まであと少しという季節になったきました。

僕も、シーズンの準備を早めにしようと思い、早割リフト券を調べてたのですが、

POWDER4 ぐんまという、時間券がなかなかコスパ良いので、即買いしてしまいました。

これからシーズンを迎えるにあたり、各スキー場のパス券、早割券を買われるかと思いますが、

個人的にお得と感じたPOWDER4 ぐんまについて、WINTER PLUSでの購入レポートも合わせてお伝えします。

POWDER4 ぐんまについて

POWDER4 ぐんまに関する説明と購入方法をご紹介します!

現物と特徴

こちらが現物です。財布に簡単に入れておけるぐらいの大きさ。

POWDER4 ぐんま
POWDER4 ぐんま

裏面はこのようになっています。

POWDER4 ぐんま裏面
POWDER4 ぐんま裏面

特徴ですが、

  • 群馬県でIC入場型タイプの4スキー場で使える
  • 各スキー場で1ドリンク付き(最大4回)
  • 1時間区切りでの利用方式

という特典がついてきます。

使えるスキー場は、

  • 川場スキー場(群馬県)
  • ホワイトワールド尾瀬岩鞍
  • 丸沼高原スキー場
  • 水上宝台樹スキー場

の4箇所となります。

時間券のルール

時間券のルールについて、文字の説明だけではわかりづらいかと思います。こちらの動画が分かりやすく説明されています。

動画をみて頂ければ分かるかと思いますが、最初にICカードを通した時点で1時間カウントされます。

その間は、滑ってようが、休んでようが等しく1時間分に含まれます

1時間が経過すると、またICカードを入場でタッチさせない限り、そのままの状態です。

なので、時系列で考えると、


9:00~ スノーボード開始!(1回タッチ)

9:00~10:00 何回タッチしても変化なし

10:04~ 2回目のタッチ。ここから11:04まで1時間引かれる

10:49~ 滑り降りてきた! ちょっと疲れたし、トイレ休憩

11:01~ ギリギリリフト乗れそう! まだカウントされない時間だから、さっと乗ってしまおう 笑

11:20 スマホで写真撮影もしながらまったり滑ってきた。

11:04までにリフトへ乗っていれば、その後何時まで滑っていようがカウントはなし。ギリギリで乗ると乗った分はお得になる。


この場合、11:04以降にタッチすると、そこから1時間引かれますが、その直前であれば、問題なくリフトに乗れます

仮に、リフトに乗って滑り降りてこないで、グラトリ練習ばかりしていても、時間券のカウントはそのままです。

なので、滑り降りる時間をコントロールできるレベルの方には、特にお得なシステムと言えるでしょう!

コスパを検証してみた

では、果たして金額に見合っているのか? 検証してみます。

POWDER4 ぐんまの料金

20時間券で検証すると、購入価格は、31%引きの11,000円です。

1時間あたりを求めると、単純計算で550円

オフトレ施設では、1時間あたり1,000円〜1,600円ぐらいは余裕でかかりますので、短時間で比べるとコスパがとても良いです!

1日リフト券と比べてみる

1日券と比較するとどうでしょうか??

人気の川場スキー場の早割券が、1日3,400円

仮に9時から滑って、終了予定時間の16時までの、7時間で考えると、1時間あたり約485円

1日フルで滑ろうとすると、1日券の方が若干お得です。

ですが、微々たる差ですし、少しでも短い時間となれば、時間券の方が安くなる計算となりました。

短期集中型の人には最適

僕は、最近はほぼ練習のみで滑る為、休憩せずに延々とリフトを回し続けます。

なので、3~4時間ほど経過すると、かなりグッタリしますし、短時間でも濃厚な練習ができています!

3~4時間で回した場合、5~6日は滑れる計算です。

それが11,000円で済み、さらにドリンク付きなのですから、コスパを考えたらめちゃくちゃ割が良いです。

僕みたいな基本ヒトリストだったり、練習熱心な方で対象スキー場の愛好者な方には、特にオススメです!

WINTER PLUSについて

この時間券は、WINTER PLUSというサイトで購入しました。

こちらがWINTER PLUSのページです↓↓

http://www.winterplus.jp/lift/lift_detail.cfm?PR=3093

送料が500円かかってしまうのがネックですが、手数料は無料となりましたので、まとめて買うなら普通の割引よりも安いです。

今回の時間券については、かなり割安に購入できました。

他にも、お買い得なリフト券がたくさんありますが、中には別の早割の方が安い…

なんてこともありますので、時間がある時に調べて比較してみてから買うと良いかと思います。

参考までに買って届いた早割の画像を掲載します。

このような包装で届きました。

WINTERPLUSの外装
早割の外装

こちらが請求書です。

WINTERPLUSの請求書
早割の請求書

開封した時の様子。

購入した早割券
早割券

くれぐれも買いすぎに注意

サイトをみてると、ディスカウント率も高いので、ついつい買い込んでしまいがちです。

ですが、例年いつも余らせて困っている人をみかけます…

なかなか予定通りに滑りにはいけないことが、けっこうあります。

なので、くれぐれも買いすぎないようにしてください。

スキー場によっては、次回割引がつくゲレンデも多く、早割を買うのと同等の値段で次回滑れたりします!

また、メルカリなどのフリマアプリでは余って破格で出品しているケースも多く見受けられます

スキー場や状況にもよりますが、計画的に余らないよう、お得に早割を利用しましょう!